ホクノー健康ステーションについて

皆さま ご無沙汰しております。
早速ですが、表題の件、この度経済産業省様より健康寿命延伸産業創出推進事業として運営を行っておりましたが、平成29年度終了によって健康ステーションの運営は
完全に株式会社ホクノーの運営に移行しました。現在多くのお客様にご利用いただいている状況を鑑み、今後もホクノー健康ステーションは継続して運営を行ってまいります。
今まで同様、費用は掛かりません。是非、いままで同様のご利用をお願い申し上げます。そして、健康ステーションと共に、ホクノースーパー並びに健やか食堂のご利用の程、重ねてお願い申し上げます。

先般、健康寿命の統計が発表されましたが、男性の健康寿命一位は「山梨県」でした。ではなぜ、山梨なのでしょうか?
山梨には昔から、無尽という大人のサークルみたいな風習があるそうです。(金融の世界でも無尽ってありますが、それとはちょっと趣が異なります)
集まって、話をして、お酒を飲むみたいな感じですが、ホクノー健康ステーションでも、そんな雰囲気があるように思います。今後、健やか食堂でも、遅くない夜に集まってもらって健康ステーションの交流会など
出来ないか検討したいなぁと思った次第です。やっぱり健康寿命を延ばすには「パランスの取れた食事、適度な運動そしてコミュニケーション」だと実感しております。
(無尽のサイトです。ご参考までに→ http://www.yafo.or.jp/2015/11/13/585/ )

健康ステーションの運営には、今までのボランティアの方に加え、地域の方にご参加いただいております。産官がタッグを組んで地域の課題解決に取り組んでいる先駆的な事例ですので、皆さまのご協力を心よりお願い申し上げます。

 

  • Share Button