本年のご愛顧 本当にありがとうございました。

お客様皆さまへ

今年も残すところあとわずか。今年を振り返り、いろいろあったことと存じます。私にとっての一番の出来事は、やはり9月の北海道胆振東部地震でした。その日は、ちょうど夜中に応援する錦織選手の全米オープンテニスでの中継を生で見ておりました。あの時間に起きていたのです。縦揺れの後、長い横揺れが続き一瞬にしてかなり大きな地震であることを感じました。この後、5分ぐらいだったでしょうか?停電になりました。本当に電気に頼りすぎだなと感じました。まずはお店の商品が心配で、店に行くと既に店長や従業員が自主的に商品の状況を確認しており、手前味噌ながら本当に感動しました。棚から落下した商品は少なかったですが、その後の停電によるアイスクリームや冷食類の廃棄が多く発生しました。6日は停電の為、店舗内が真っ暗でお客様に入店して頂く訳にも行かず、レジも動かない状況でしたが、多くのお客様が並ばれて物資をお買い求めになられる姿を見て、できる限りのことをしようと思った次第です。店頭に商品を並べ、水やガスボンベ、パン、バナナ、カップラーメン、パックご飯などを税込のちょうどのプライスで販売しました。中央店には水の2Lの在庫が800ケース程ありましたので、他の場所に比べ非常に多くの量を供給できたと思ってます。6日の夕方には中央店の電気が復旧して、7日は通常営業を再開できました。ただ、信号機が停電の為止まっており、運送会社の規定等でトラックを動かすことが出来ないところも多く、また、新しい商品が問屋さんに入らないために、しばらくの間、ご迷惑をおかけしました。また、レジの通過に7日は1時間以上かかったと思います。色々反省の多い地震対応でした。

今日も大きな地震が今朝ございました。北海道に地震なんか起こらないではなく、起こったとしても対応できる準備はしなければならないと実感しました。まさに「備えあれば憂いなし」です。
地震、台風など災害の多い一年で、今年の漢字は「災」と本当に気が滅入ります。来年は5月に改元、10月に消費税増税が控えております。通常、天皇陛下が崩御されてから元号が変わりますが、昭和から平成へと変わる際には、昭和天皇の崩御に合わせて自粛ムードが大きかったと思います。ただ、来年は天皇陛下がご退位され、皇太子様が即位されますので、本当の意味での新しい時代をお祝いムードで迎えられそうですね。新元号はどのような元号になるかはわかりませんが、新しい時代の幕開けとして再来年の東京五輪に向かってこの厚別、札幌、北海道、そして日本が好循環になって行けばいいと思っております。

あと年末といえば「ふるさと納税」年が明けるまで、クレジットカード払いで寄附が可能ですので、下のリンクも参照にしながらやってみてはいかがでしょうか。但し確定申告のされない場合のワンストップ特例制度は年明けの申請が非常にタイトです。ご注意くださいませ。

ホクノーでは健康ステーション等で地域の健康を見守りつつ、食と健康をテーマに邁進する所存ですので、来年も何卒よろしくお願い申しげます。

株式会社ホクノー 代表取締役社長 野地 秀一