ご無沙汰しております。

なかなかUPDATEできておりませんで申し訳ございません。すっかりご無沙汰で申し訳ございません。どんどんUPDATEしていきたいと存じます。さて、今日は消費税の話をしたいと存じます。みなさんは消費税について賛成ですか反対ですか?弊社で8%の消費税をお客様にご負担いただき、お客様に代わって税務署に消費税を納めております。このように、消費税は負担者と納税者が異なることで、間接税と呼ばれます。所得税、法人税などは負担者=納税者の為、直接税と呼ばれます。日本では欧米に比べ、この直接税と間接税の割合(直間比率)が前者の負担が重いために、消費税を上げて、法人税などの税率を下げる傾向にあります。ちなみに、海外では商品やサービスの内容によって税率が異なることが多いために、付加価値税(VAT)と呼ばれることが多いようです。英国は2011年にVATの税率を20%に引上げました。

この20%という税率すごく高く感じませんか?しかしながら実態は若干異なります。食料品や日用の生活必需品、赤ちゃんのおむつ、子ども用の文具・衣料品、書籍などが、課税の対象外となっています。ゼロです。皆様はどちらがいいでしょうか?現状の日本国の債務の総額を考えれば、次世代の為にも少しでも債務を減らしていきたいと考えるのは当然のことです。これから、毎年200万人以上の出生のあった団塊の世代を中心とした方々が70歳を超えられます。年金、介護、医療の国の負担が大きくなり、益々債務削減は厳しくなります。このような現状を考えれば、消費税の増税はやむを得ないことかもしれません。ただ、本当に困っている人への配慮は忘れていけないと存じます。

日本でも次期消費税引き上げの2017年4月に軽減税率が議論されておりますが、本当に困っている人への配慮であれば弊社でも協力していきたいと考えております。

  • Share Button